体質改善で病気予防│花粉症対策で鼻のズルズルとサヨナラ

医者

冷え性対策とは

体を温める習慣が大事

先生

冷え症になりますと、とくに冬場は手足が冷えて普段の生活が辛く感じてしまう人が多いです。そのためにも体を温めることが必要で、普段からウォーキングや散歩などのような軽い運動をしていくことや、ショウガやにんにくなど体を温める成分が含まれたものを摂取していくなどの習慣を身につけていくことが大事となってきます。運動も栄養を摂取していくことも毎日の習慣にしていくことで、常に体を温めるための行ないをしていくことができ、冬場も冷え症から乗り切ることができる体となれるようになってきます。運動といっても30分ほど歩くだけでぜんぜん違ってきますし、ショウガなども紅茶やホットミルク、ココアに摩り下ろしたのを入れて飲むことで栄養を取ることができます。

夏の季節も注意が必要です

冷え症は手足はとても冷たくなるイメージがありますが、実は手足が冷たくなってしなくても、その症状は出ていたりもするので気をつけなければなりません。とくに夏は暑い季節ということもあり、意識をする人は冬よりも減ってしまうものですが、普段から冷たい温度で冷房に浴び続けていたり、運動をしないでいたり、冷たいものばかり食べ過ぎてしまっていたり、肌の露出を過度に増やしていたりするなど、体を冷やすことを普段から行なってしまいますと内臓が冷えてしまい、下痢や便秘、免疫力の低下が起こってしまうことがあります。冷え症は内臓が冷えて起こる症状のことなので、普段から運動をしたり体を温めてくれるものを摂取するなどして代謝を高めることが大切です。